読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまで書けるか

ふと様々なところで思い出すことがあります。それはその時に好い人がいるから。

、その空気の落ち着きによって心が癒されてえいるのかな。と思います。あっ、さっきいた。へんなあひと。リラックスといったら、誤解されるぞなんて、だって、知恵でしょ。誰がいったかじゃなくて。

 

お天様の光は、開運というか、光に当たることによ利、皮膚が強くなり、病気になりにくいということです。だから、人は光合成が必要です。それが健康の秘訣です。また、それが開運の秘訣だったら、些細なことでの、ことでよくなることは事実です。

私のおじいちゃんが電機関係で働いていたので、気を使うことはわかります。また父は剣道の達人で、したって来る人もいたそうです。その武家屋敷のような家でその緊張感で、また、おじいちゃんの知らない土地だったので話す人もなく、薬をのみはじめてから、認知症になったみたいで。だから、一緒にすむということは、難しいと思いますが、こう考えた二世帯の家だった方がいいのかも知れません。玄関をわけるのではなく、部屋の敷居を分けるという感じです。中庭を作るなど、以前そのような家を見ました。これなら気を使わないと思いました。

そのかきねを隔てたうえでの、部屋の振り分けをすれば、全く問題なくすむと思いました。

暇なときはお茶、本を読むなど様々なことができます。子供の方も同じです。気持ちの切り替えが必要です。あと緑。もちろん、その家を見たときは、気が植えてありました。

 

特に高学歴であれば、あるほど必要です。反対に言えば、それが躾ですから。だから、そうなれたのではないでしょうか❓できなければ、なれません。適性ないと今では、けなされてるかもしれません。他に。で、お金はほしいわけですよ。信じられない考えです。よく理解できない。こんなのといたら、よくなくなるということです。仏典にもありました。。悪いものと付き合うなと。付き合うだけで、地獄になると。要は幸せにはなれないということでしょう。それぞれの幸せのレベルはありますから。煩悩ってなにと問いかけてくなります。