読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだか。

いつもとは違うパターンできてしまいました。というのも、最初に心のケアをしてからなので、何かしらの緊張感を持っています。それで、いつもの通りの愚痴という感じなので、本来の状態の形での愚痴という感じです。少しずつ直していくならこんな形も必要なのかと思い、それはそれと受け入れた状態で書いてみたいと思います。

 

確かにいつもその壊れた状態でいるわけではありませんので、本来の状態での愚痴をも肯定しないと直らないということでしょうか?やはり、新道はすごいですね。日常生活の中での些細な悟りに気づくことにより、うまくいくのですから。その点、すごい人はすごいということです。いつもなら私の悪口からという感じですが、今はその気持ちでいっぱいです。その状態から今の考えを引き出すことや、諸問題を取り上げる必要があるということですので、やはり、働いている人はすごいですね。それも大企業です。そのマナーというか常識の捉え方も含めてですが、その風表にも負けずにいるわけですから、それなりの尊敬に値することです。SBDを踏まえたうえで、その生活の中にその掟があるわけですから、それを知っているかどうかの問題です。

 

それを知れば、すべては、躾ということがわかります。それを見てからのほうが、他があるからどうのこうのという理由はなくなります。もともとの状態での知恵や、心のあり方が必要だと思います。悪くなっても、それをばねにすればということですが、この無自性だけでは決してうまくいきません。うまくいくはずがありません。それはすでに、居無論似陥っていますので、それは仏教を理解していないということです。だからニヒリズムが多くなるわけです。野で、異端児です。反対に言えば、できている西洋文化でさえ、理解でき、反対に変な仏教の性でといわれかねません。それを利用している人は誰でしょうか?という感じです。まともなところにはまともな考えがあるということです。

 

チベット仏教や、外国の音楽の環境音楽などでさえ、以前はまともでした。が、今は音楽というかなんだかずれているとしかいいようがありません。だって、そのような音楽に葉、教会の鐘の音が入ってなく、よかったのに、かなりセンスも落ちています。

今の状態の有様が本当にいいのか疑ってしまいます。それは、そのような文化を知らない人の発祥したことであり、音楽家にとってはいい迷惑かも知れません。確かに、変な人からは愛されるかも知れませんが、所詮一流ではないということでしょう。今は、一流?馬鹿じゃないと問いう風表だらけです。じゃあ、果たして時間がたったときは、何をいうでしょうか?自分も一流の仲間に入りたく、その真似をするということです。それからは外国と同じ用に、今度は居無論にはびこるわけです。同0愛など。散々馬鹿にして、それから、媚とはおかしな門です。では他の人がということです。今喪、そのっ感じ葉ありますが、結局は馬鹿というか、無知というか、自分の業に振り回されているだけで、結局は自分の幸せのためだけです。それをも手に入れたとしても、結局は心が伴っていないため、自分の嫉妬や、じでさらに振り回しているだけです。結局、しんにといえども、嫌悪のことですので。

 

よって、別に自分はキリスト教ではありませんが、そのようなことです。お城を持った外国人の一人はチベット仏教に興味を持つ人がいたということも知っています。しかし、多くはキリスト教であり、だからといって、迫害していたわけではなく、今に至るわけですから、特にということでもありませんよね。

 

今の新興宗教のキリスト教はよく理解できません。というのが真実です。歴史を見ればわかるはずです。そのように、社会を壊していくのはよくないと尾見ます。だって、諸外国でさえ、スパイとかあるわけですから、特に東西南北のもろもろの問題は今よりもひどかったわけです。なんだか、無知もいいところです。今の状態の新興宗教の西洋文化のあり方だと、自分の本国の歴史や、経済まで馬鹿にしているようでたまりません。では、高学歴という日本語を使えばわかりますかということです。だって、社会をうごかしているひとは?外国は誰という感じです。馬鹿みたい。あまりにも日本人というか新興宗教の仏教もそうですが、キリスト教もばかげてます。宗教によって、自分の国を滅ぼそうとしている気がします。よって、頭のいい人は、宗教戦争は?という感じです。多くがそうでしたから。

それを、仏教密教を利用するわけですから、頭が切れたら、もちろんそうなっても当然のことです。しかし、仏教の教えではということです。それを理解せずに社会を変えようとするなんておかしいです。社会が歩くなれば、その中での一人はいうかもしれません。セミバブルということもいってました。がそれは能力でしょう。それに、なぜにそれを喪さえ言う必要性があるのか理解できません。それなのに、それにたいして、論争するという常識がわかりません。それは個人の問題、能力であって、社会を変える必要性はまったくといってありません。だって、それは言葉を変えれば、自営業みたいなものですよね。それを言葉を変えれば、わかる、だから、何という感じですよね。きっかけがほしいのでしょうか?すべて、自分の都合ですよね。

 

結局、単なる私の存在ということでしょう。それをどう捕らえるかということです。人には、カルマなんていっておいて、その業という意味を理解せずに強要しているわけですから、言われてもわからない人が多いのではないでしょうか?

あまり相手にはしないほうがいいと思います。そして、それだけの時間がかかってそうなら、いい方向に向かうと自分がそうなるとするなら、確実に成功は勝ち取れたかも知れません。SBDの価値を理解してないということです。このままだと、また、煩悩肯定だから、すべて肯定しても平気という、間違った流れを作りかねません。特に性欲などです。それこそ、まともな、仏教のお寺の宗派がなくことになりかねませんね。

無知の怖さです。