読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縁って?

 

 

 

 

 

それぞれに菩提心はありますが、その立場によって、深さも違います

  なので、人から見れば、勝手というかもしれませんが、それがうまくいく方法の手段でもあります。

   そして、智慧もです。その時は観念が崩壊することもありますが、それは、虚無論的な人にはむりだとおもいます。そこから、変えていけば、正しい日本語を使う事ができます。

 

それは人に教える時も同じです。人それぞれ違うわけですから、同じことが通用するとは思えません。

 

 

それに、ナーディをやっているわけですから、そんな理由があるにしろ、人のをもってでも。それは自分の業になります。だから、イライラしたりするのは自分ですし、決して相手ではありません。それは現実を見てないからです。現実がなく、縁起があったとしても、皆さんやっているわけですから、自分も密教をしないと、縁が薄れます。そして、現実ではそのような悪魔をよびよせてしますわけです。これが本来の密教です。

 

 

そして、以前収まる前にやっていたことが究竟次第ということです。だからみなさん密教をやっていたわけです。すでに。ですから、認められた人でないと、おかしくなるのは現実でもそうです。だから、そんなにすごい人でも、天から地に落ちてしまうということです

 

下は上があったからいいですが、だから、這い上がった時、虐めるのを言わないでよと言っていた人がいました。大笑いです

 

 

相手だって感情はあるのですから、空気を読めないとでも、それか言わなきゃわからないとでも。精神科いきですね。本来なら、空気を読んだり、人の気持ちがわかることが必要なのに、だからデリケートという言葉だってあるのに、はあっという感じです。あれがデリケート?

 

それで、密教をやられて、こちらが助けなければいけない。おかしいです。世の中から見れば、それを広めた人がおおかしい、ましてや、仏教を冒涜しているとしかとらえられません。

だって、その心がわからないから、このような結果になったのですから

躾ではありませんか?それを虐待する方がおかしいと思いますし、バカにして言うるということです。いつになく、私たちの性欲、色気には勝てないのの、かなわないのよといいう事で、笑みを浮かべながら、バカにしてます。あれを見てどう思いますかといいたい。あまりに流暢なことしてないほうがいいと思います。いづれ、バカにされるか、抜かれますよ。ソひて、あたふたとして、イライラですよね。なんだか、みっともないです。だったら早くやればいいのにといい他です。その間はすべて、自分のしたい放題、やり方も反対に邪魔をされているようでなりません。その間の時、やはり、バカにする人も多くいましたが、そのような意味では勝ち組ですね。結果を見ればです。上に行けばいくほど大変です。というのも悪運多くありますよ。世俗は怖いです。

 

目に見えない自性、無自性は怖いです。みんなが静かなのに、うるさいそれは逆縁です。そして、そのやり方も部分なので、その場だけで、下がうまくいかないから、うまくいったら、ただ今までのそれなりの悪魔が出てくるだけです。では、果たして、上を見ればどうなっていることなのか、ということです。それこそ、自己のやり方に満足しているだけでしかありません。本来なら、上から浄化しないと、いけないのです。これは新道の教えにもあります。だから、上が出てきたときは、更に自分の灌頂のコントロール、癇癪、無知などの表れがたくさん出てきてしまい、今までの事がさらに無駄のような気がします。

だって、それで、また、いろ色な問題が起こるわけですから、それこそ、無駄の努力でこちらが、早死にしてしまいます。其れか白髪、それか病気ですか?自己満足でしかありません。よって自己中心的ですね。人の事かんがえてません。

 

自分が完成されてからといいうそうですが、それは間違っています

 

だって、本来ならそれに近い人ができるわけです。完成されてない人がやったら世の中どうなるとおもいますか?信じられない教養の無さ、そして無知。バカですね。

 

完成されるまで待つということですか?それでは業という意味合いがわかってないということです。似た者同士です。それで、自分の言いなりにならないから虐待と同じです。要は排斥です。自分ができないから、自分がやさしくされないからという嫉妬、妬み、その他もろもろです。後、可愛いからもありますよね。

さらに、自分もだまされた、黙ってたといわないでくださいね。

どういう意味で起こるかということですよね。

結局は神気の中に粒があり、それによって、振り回されているということです。そして、それに振り回されないようにという日本語の使い方、です。受け取り方。誰が言うかにもよりますが、間違った修行が行われているということです。其れでは同・愛になるばかりです。

 

どんな状態でもあります。其れか落ち込んでたりする時も、しかし、本来なら落ち込んでいる時は、何もないですよね。今は性欲にされたりして、

 

しかし、医学的には、性欲は性欲で、誰にというのは、心ですよね。人間の性質は五感と同時に、血や骨、筋肉など、たくさんの臓器もあります。それをひとつづつ取っていけば役割があると同時に、性欲も同じです。人に性欲の無い人はいません。精子卵子が備わっているわけですから。

 

自然治有力、前にもまたそんなこと言っているとありました。この間テレビで言われてましたが、

それがまた、それぞれ質によって変わります。性欲を受けても自然にテゥモが上がる人もいますし、煩悩同じです。私の場合、そのようなことで3年に一回、物が盗まれるという事がありました。子供のころから、結構、振り返るとわかることがあります。ですから、そのような人は、座禅をすることを勧めます。座禅で落とせることもできますので、業を受けて、自分がという事にもなりかねません。

 

後は、頭の件かな。要は流暢みたいな、地学でいうと浸食から始まってからの途中系に起こる状態です。ミックスというべきでしょうか?

  • ですから、自分が人生ヤ何かに焦っていたりすると、すごくに危険です。すぐに行動しかねません。私の場合は平気でしたが。思いです。このままではという事も含めてです。

 

結局は、密教を知らなかったからです。世の中もすべて、適正ですだから、うまくいかなくなるわけもあります

 

  • 結局は、スポーツの使う神経を、デスクワークの神経は違うということです

 

それを待ちあえると、事後も続かなくなります。果たして、悪魔はその時、二タッ、体を動かす神経=スポーツの神経ですよ。やばし、故障いっぱいあり。

 

仲たが要注意。

そして意図的にやると、他の箇所まで支障が出てきます。結局はなかなか治りにくくなります。踵から来て腰の接骨院になりました。そうは簡単にはいきません。腰が大切ですから、というより、すでにづれていたのに対して、更にわをかけて、開いてしまったということです。元々やわらかかったので、

 

これと同じことです。意図的はダメという事と、根本的な何かを狙っているということです。そこを壊せば、おだぶつということでしょう?

 

  • 今の密教でやるならば、それはそれで、一つの知恵だと思います。しかし、正しい事を知ったうえでやらないと、間違った癖になります。それが未来永劫になりかねません。なりかねます。

だって、このような密教がいつまでも続くとは限りません。もし、もし、もとに元に戻っても、そのような癖になっているわけですから、社会に通用するかどうかです。初めから、言葉遣いの悪い人ってどうでしょうか?ねえ、ねえ言葉で、自分もやられてみるとカチンとくるのに、見えない無自性でそれを求めるなんて、ありえません。礼儀のある人をだれでも好みますよね。多くの人はそれを経験しているのではないでしょうか?

 

ましてやムッととくるとプライドなんて言われて。黙ってても抜かれるなら、戦ったほうがいいですよ。少なからず結果はかわりますから。すべては、ただ耐えているのも無だです。だって、理由はあるはずです。経験してから、逃げてもそれが、反動でどう出るか、確かに仏典にもあります。

 

 

苦い経験しからは逃げてもいいと、しかし、今も状況で耐えていたとしても、いづれ、また同じ事が起こりかねません。だったら、少しづつ、修正していったほうがいいと思います。

 

完成されたらでいいのではありませんか。まがちがったことはしないと。そのためには、少なからず成長していくことです。そうすれば、未来は変わるということです。そして、流れもね。悟る心は持っていたのですから、それに合わせた心身共にということです

 

ですから、肯定してもいいですが、

そのような気持ちを忘れないで、やるべきです。