読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふっと思ったこと。

人って、瞬間に何かを思い出すもんですね。理由がわかると、感情が落ち着くように、だからかという事がわかると、気が抜けたように、他まで、支障が来ることもありますね。

 

今、コマーシャルを見ました。桜の木の下で、いても、黙っているより、それでいいじゃないですか?とありました。本当にそう思いました。黙っているより、動くも、もしくはその場所でも(桜の木のした)、いいではないですか?何だか、心にひびいてしまい、それから涙が出てきてしまいました。

その前に縁が戻っても、また抜かれたりしたら、同じ苦しみを味わうと思ったら、何だか涙が出てきてしまいました。いつまで、こんなこと続くのと?と。心が成長しているので、少なからず、縁の強さも変わってきています。それを考えるなら、せっかくいただいた、御縁やここまで生き残ってきたのだから、・・・。もう、やだという感じです。

密教は怖いです。本当に正しいことに、帰依しないとおかしくなります。アーラヤ識、末那識がです。

落ち着くと、これもゆとりがあるからでしょう。自分だけではないことを、この星空の下で同じ思いをしている人がいると、禅語で慰められました。その時は、言えない環境でした。其れしか言えなかったのですが、そこで誤解が生んだのかもしれません。西洋文化や、新興宗教などです。そして、近所には、・・・。デンキや、平山、などです。それぞれが勝手にやっていた。康子もそう。誰もが、親のせいにして。

 

はっきり言わないとわからないみたい。しかし、それは友達でも、何でもないのに。

病気みたいです。人の家庭にとやかく言って。そのような状態でいたら、人はおかしくなります。だから、気の合う友達などでいたら、癒しや、ほっと子と言って、暫く静かにさせていたりします。その時ですね。変なのにあったら。心を慰められたり、性格を知っていたりしたら、落とされます。どんなに緊張感を持っていても、ナーディ(密教)でやられてしまったり、それは洗脳、マインドコントロール、それか、おかしい究竟次第でしょうか?

その時は自分が好きなだけ、やっていて、問題が起これば、自分で解決しなく、人に頼るなんて失礼だと思います。其れもどんこの人かもわからないのに、勝手に悪口を言って、信じられません。

運気の事をわかるなら、どんな理由で、言ったとしても、自分の行きたい場所に行ったほうが開運するのではないでしょうか?それなりに、行っても、そのような人たちが集まっています。しかし、その人たちが、どのような人がいて、どのような業なのか、考えると、不安です。ましてや、自分たちの業を押し付けているだけだとしたら、自分たちで浄化しろという感じです。その人たちでやっていればいいと思います。

そして、俺たちのエリアをとるなということです。だから、最初からいた人たちは戦うのです。

人はだから考える生き物です。その点動物、自由がありません。にとは勝手に密教をやっていて、そして、それで壊しているという事は気が付いてないみたいです。無意識で抜かれていることもあるのに、ましてや、同・愛はそれを早くに見ていて、何だか、動物をかったりして・・。新興宗教的に言えば、エネルギー交換?どういう意味でしょうか?

確かに、それで、意識はかわっていきますのでだから、心相続に変わるのです。意識の連続性です。人はそうやって目には見えない躾は変わってきます。躾は形では現れません。それを戸谷飼う言っていた人はバカで宇s。結局自分が落ちたら最後ですので、そのような世の中には通用しないという事でしょう。常識が違うという事です。後はその情報や、友達の意見に振り回されないようにすることです。

それを我慢すると、自分が壊れ、同・愛になりかねないので、毒を以て毒を制すで逆縁にさせてました。瞬時に持っていくという事をどのようなことなのか、現実です。それを見れば、という事で、何が必要か、という事をわかっていればおのずとわかるはずです。偶然の出会いそれが、私がいれば、どのようなこと、わからないようにさせていたということです。

よって、結果は、お金があり場という事です。それを仕向けたのは、かつての悪魔でした。そして、性格を知らないと言い訳をつけるつもりでしょう。

 

 

 

 

割られてたら、自分で割ってなければ、禅をすれば、戻りました。