読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分とは。

疲れていると、いざという時、失敗するので、ケアをしないといけません。でも、これを書いている時、普通はわかりますよね。明日~だから、早く寝ようとか、私はよく親から言われました。

 

それって、普通の事ですよね。我ながら焦ってしまいました。密教もすべて同じです。

それが修行なのですから、それができないのなら、密教はあまりやらないほうがいいと思います。本来はラマに指名されてできることですから。

 

人を信じているかどうかは別として、勉強と同じように受かるかどうかは別として、一生懸命することですよね。なくしてから、後悔したくないので。人生ってそんなものではないですか?

そして、目の焦点があってない人もいます。修行かどうかわかりませんが、本来の生活ではそうなりません。左が左に、右目が右目に黒の眼球があります。正面を向いて話しているのに、ちょっと目の焦点が合わなすぎです。上目づかいです。それはおかしいです。そして黒い眼球が上に行きやすい状態です。話している時いつもそう動いてます。気味が悪いです。多分、新興宗教のようです。しかし、そのような人が大学生という事です。気をつけませんと、自分の人生を台無しにされます。

もう少し、きちんと生活したほうがいいと思います。余裕があれば、いいと思いますが、本来だったらという事を考えて、送ったほうがいいです。自分に後悔しないように。死ぬときは一人ですから、だれも責任は取れません。自分のしたことだけで、他はいません。その時に生じた心によって、転生は決まりますので、その時に発生した心で決まります。どんなに徳があっても、その時の心で、その人の転生は決まります。

その時に、その顔が見え、憎しみが出たら、最後です。まっさかさまです。よって、密教では、やるなら、毒を持って毒を制すを忘れてはなりません。そして、密教の教えで有名な国でさえ、その国の人には、密教は進めないと言われています。いろいろと政治的な問題もありますし、その感情によっておかしくなるという事でしょう。

 

かつては、仏教で有名なインドやチベットでも、密教がはやったことがあったそうです。しかし、今、その国はどのようになっているかといえば、大変です。インドさせ、かつてはイギリスの植民地でたくさんの犠牲を用いました。自由を勝ち取るまでは、。だから、怖いです。やはり、自分で業は落とさないと、人に流して、落とすとういう事は間違っています。これは虚無論です。善、悪もないという事です。よって、業という事を無視しているという事です。人を抜いて、テゥモという事は出来ません。

 

ましてや、人の新道を壊しています。ので、その人によっては、壊れます。自分の性欲や、イライラの分解ではありません。それは自分で壊していますので、いい迷惑です。其れとは別のお化けのような魂が抜けていくような絵でしょうか。そのように、神経が抜かれます。これこそ、目には見えない、ナーディ7万2千本のナーディです。

それを抜いて、おかhしくさせる、自分はおかしくならないのでしょう?気味が悪いです。正しい事をして、早くに自分の戻し、そして、自分の周りを変えていったほう自分の生活の安全、安心があるのではないでしょうか?

 

さらに、密教には掟がありますので、その掟を守りつつ、生活しませんと、秩序だけでなく、風紀が乱れます。風紀は目に見えないものなので、何とも言えませんが、そればかりはその人のモラルかな。また、同じことを繰り返します。