読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケアについて

今思い出しました。密教のケアについてです。体や奥義です。(この文章のありかたもです)ちなみに英文法の勉強の仕方です。しかし、他でこの件を書いたのですが、公開されてなく買ったのですが今の状態で日本語を書いてみると、文章がバラバラでした。さっきは主語、動詞、目的語、補語などありますが、・・・。

 

  • 疲労、睡眠不足になると、酸素ボンベを必要とする生活になります。あまり過労でいるときは無理しないことです。その所を自分でケアしていかないと体を壊します。
  • 以前、韓国ドラマで東洋医学の実在する医者のドラマをやっていました。その中で、目が過剰に薬を与えた息子のせいで見えなくなった時がありました。それを治療していくと、次に頭が痛くなり、唸っていました。がその医者は胃が悪いからだという事がわかりました。よってどこどこという鍼でのツボがいいと言ってましたが、やはり、内臓からすべては来るものだと思いました。だから、胃がんも多くなるのかなと思います。仕事柄でしょうか?様々な状態で病気が発生します。私の父はまじめな仕事でしたが、やはり脳梗塞になりました。体やケアは自分でしていたみたいですが、やはり、密教の教えを知らないと病気になるんだなとそのドラマを見て、思いました。確かに原因は知ってましたが、やっぱりなという感じです。ケアをしていたら、この次は頭という事でしょうか?しっかりしろという感じです。

よって、人それぞれだと思います。がその中で、やはり、どんな精神論を唱えたとしても、結局は、その息子のように薬の過剰によって目を見えなくさせるという性格の人が医学を学びたいと唱えてもそれは無理なことだと思います。やはり、分相応もあるのだなと思います。今の燃え上がり症候群もそのうちの一つだと思います。そのような人が果たして、医療関係もしくは、介護などできるのでしょうか?

 だったら少しでもおっとりとしている人のほうが安心感を与えるのではないでしょうか?最近はそのような人がバカにさせる傾向があります。ので、以上に疲れてしまう気がします。ちなみに私もサービス業(ホテル)にいたので、その点わかります。

凄く疲れるので、結構みなさん独身が多かったです。休みの日はほとんど家で寝ていました。何もすることなく。それ以上に、密教なんてきちんとケアしないと、壊れます。座っているから、平気とかそんな問題ではありません。仕事は仕事ですが、それを理解してない人が多いと思います。まあ勝手に言ってるわという感じです。

 

それで、妻の座狙いというのもね。