読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喧嘩

1ケンカのしかたもいろいろです。なぜかと言うと、密教でそのようにずらされているからです。的の外れたことをしても、私には関係ないと、薄情。又は正しい密教のやり方で、とらわれてないか。要は、繋いでいるだけと言うことです。しかし、何故そこで繋ぐのかと言うことです。相手は違うのに、霊性と心は違います。それを理解せずに、する人は薫習がちがうとおもいます。その固まった喧嘩をいかに崩し、それを解体していくかがです。ちなみに今度は東京かな。さっきまでは、大阪でした。そうあまり無理をすると、仕事においても、自分の生活においてもやられますので、自己中でいいと思います。自分の生活が大切なのだから。自分の生活があって、うまく行くのですから、人のために自分のするべきことをなおざりにしてはいけないと仏典に有りました。でもこれを自己中という方がおかしいと思います。変わっている人が多いのですね。私は合わない。反対におかしいと思います。何故密教が流行っているからといって、学歴のたかい人や、お金がある人が国民を守るのでしょうか?それは自分の生活であり、しつけでもあります。そしたらお金を出すべきです。宗教ですね。布施と同じです。仕事でさえ。できる人はできます。果たしてここで人に言うでしょうか?自慢ならべつだけど。でも私はそういう人嫌いです。あまりいたくない。というよりは疲れるからいや。昔そのような人がいました自分のことばかり、でとうとう1回だけで旅行も誘われなくなりました。確かに.・・・。西洋文化の隣人愛は無理だと思います。最近は隣人愛ではなく、家族愛という言葉も使うみたいです。時代が変われば教えも違う。?。新興の教えももそのようで、あれということもあります。あのときは、ということばかりです。そのようなものに限って、現実は正しいことをしているのかも。行ってみないとということです。論より証拠といことをりようして、しかしそれは本当でしょうか?少し違う気がします。全問等出もありました。結局これを利用しているんだなと言うことです。捉え方でしょう。もう頭に来ました。結局おちょくっているのだと思いました。いい常識、しつけにたいして、そして自分は何をもと得ているのか?同〇愛の世界を、それとも野心、みえ、それとも結婚相談所、くっつけておいて、何よ、自分がたかぶしゃ?こえっーという感じでした。人をばかにすんるなということはそういうことなのに、じぶんたちがばかにしているのにあたまにくる。自分で何いっているのかわからないのかなあ。それとも自分じゃないとでも?