読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

密教の愚痴

なんだか

今日は父の日でした。父がなくなって2年立ちます。父を振り返ると、なんだかこう思います。父は脳梗塞二なり8年寝ていました。その間の苦しい状態を見ているとつらかったです。最初の初めのころは体もしっかりしていましたが、急にさせほそってしまい、元看護婦でした人もおかしいといっていました。デモ密教で皆さんやっていたから、その見えないものが抜かれていたのでしょう。そうするとどんなに体が大きい人でもやせて見えます。その反対に間違ったその霊が飛んでくると、体が膨張する時もあります。

 

ただ、父は自分の業か、相手の業か知らずに、行動的でしたが、家に一年ちかくいたために、ある時脳梗塞になりました。やはり、自分の性格を知った上で行わないと、自分を破滅の道にすすむだけだと思いました。心もそうです。いやなことはしないほうがいいと思います。やはり、自分の性格を知った上で、いるべきだと思いました。そうしないと、もし、正しい考えの在り方の人は、自分の体を持って知らされることと思います。ときには、我も必要だと。それが、新道であったり、仏教であったり間違っていないとするならば、肯定しないと、壊れます。それを新たに考えると、何が合っていて、まちがっているのだろうとおもいますが、ある程度多くの人が、自分の感情を肯定するような気がします。結構今まで密教が流行る前に、嫌われていた人は、それなりの欠点があって嫌われていましたが、そのような人は、密教は通じません。それ以外皆とうまくやっていたり、思いやりや、喧嘩もそうですが、口で言える人、八つ当たりはしない人、そのような人が密教をやればいいのです。人の悪口、自分はそう思っていない人が言われたり、それからどう思うかがですが、最初はそうでした。悪口からであって、自分の見かたです。ではなぜその人が言われることになったというか、その人が飛んでくるわけでもありませんし、それなら、ということで、抜かれているのではないかと、またそれからの取り方です。その人が傲慢だとか、それは、自分の体であり、心です。それがなぜ、相手の心であるのでしょうか?

 

また煩悩ならわかりますが、霊性で性格なんて分かりません。それを分かってもらえるようなことはキリスト教です。キリスト教の霊性の見かたです。そのような考えの人になぜ見えないところでいわないといけないのでしょうか?ましてやエゴなんて言われることはありません。なぜなら密教なのですから。それを分からないで、やっているのですから、仏教のとらえ方が違うか、キリスト教か、最初はそうでした。

 

それから派生し、今に至るわけですが、やはり、三身だったりすると、霊性が働きます。そうなっちゃうこともあると思いますが、こればかりは、修行(禅)をしないと、いずれ、新道も壊れてきてしまい、キリスト教になってしまいます。人間の体と精神性にも限界がありますので、きっと禅が必要になってきます。アメリカもそうでしたが、古き良きアメリカも50年過ぎると、衰退して、今では、同性愛、殺人、麻薬、家庭崩壊、などと色々な問題が起こってきています。それを見ると、日本もそうならないように、精神性を見つめ直すと同時に、限界ではないのではないのでしょうか?それで、私は、瞑想や出来たら、禅をお勧めします。

 

父もそういう意味では、行動的だったのに、家にいっぱなしでしたから、きっとそのような病気を引き寄せたのではないではないかと思っています。要はどんなに言われても、自分は自分なんだということを忘れないで、もし、相手がなに言ってもわからない人は、きっと男性、女性でも、暴力はでると思います。皆さん限界にきていると思っています。あまりにも、人を馬鹿にしすぎると。それで、霊性で我慢して、自分の体を壊すか、精神性を壊し、同性愛になるかです。

 

どんなに優れていても、間違っていては両方の道でおかしくなります。また一斉に始まっているのですから、その点、頭を使えば、大乗のほうが早く進みます。そしてダだしい密教をおこなえばいいのではないでしょうか?あまりにも、仏教のブッタやそのような見方が間違っているとしか言えません。偉いから、自分でできるとはまた違います。それは、個人のことであり、小乗とは違いますが、大乗でとらえるならわかります。そこがまた見かたが違うのかもしれませんが。

 

心が殺伐することはしないほうがいいと思います。大乗とは思いやる心です。決して甘えでもありません。お互いが助け合っていくことが仕事においても、必要です。

自己愛着でも、自分が愛されるためでもありません。そうすることによって、自分の心も潤います。結局そうやって非難している人も、自分の大切な人が気づつけられたりしたら、泣いたり、守ったりするくせに、よくわかりません。みくだしていたりしてはいません。自分もそうなのに、よく理解できません。人にはそう言っていて。

 

要は自分の成長の流れでやっているとしか言えません。未来を作るのは自分です。自分が苦しい思いしたくないのら、やらないほうがいいと思います。やったとしても、修行するとか、抜かれているだけでも、人生はおかしくなります。結局は、チベットの毒をもって毒を制すではありませんが、自分の思っていることを言ったほうがいいと思います。それだけ密教の奥義は怖いと思います。結局テゥモを上げていることには変わりないですから、テゥモだけでなく、ナーディも(体温)も。