読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、密教で思うこと。

今日もまた

目につきました。きっと虚無論におちいった男同士を。はっきり言って密教の薫習ではないと思いました。ですから、分からないのかと思います。なぜなら、ティクレが入れられているのに、どうして、ナーディを生起次第にしなくてはいけないのでしょう。はっきり言って、馬鹿です。また、生起ができないと見えて、究境もできなく、完全におかしい究境になっています。ので、自分の欲情か欲情じゃないかでさえも、分からなくなり、新道精神が壊れ、入れられたティクレによって、自分の感覚が分からなくなってしまい、同性愛になります。そして、自分のナーディと結合してしまい、また究境によっておかしくなってしまいます。

 

生起次第といって本尊の慢、普段の悪い慢ではなく、いい意味での誇りというべきでしょうか。結局立場を優先することも大切ということです。

 

礼儀もそうですが、究境もまた全く生起ができていないと、おかしくなります。これは今はやりの、ナーディや、テゥモのことです。こればかりだと、本当におOまになってしまいます。やはり、正しい密教を勉強してからでないと、間違った方向に行きかねません。また、正しい密教は誰もが、向いているわけではありません。もしかしたら、相手を壊しかねないこともあります。

 

要は、に至っていないため、相手の風を乱してしまいます。また、適正です。気をつけないと、まだ日本人は新道で、規律や教え我身についてますが、これが、外国人ですと、密教をしても、必ずどちらかが、同性愛になっているようです。やはり、キリスト教はよくないということでしょうか。

 

ですから、日本人も気をつけないと、自分が勉強しないと、今まで培った教えという、ナーディや薫習がなくなってしまい、いずれ外国人と同じになってしまいます。やりすぎも禁物です。自分の心と体に照らし合わせやっていかないと、自分が壊れ、また、脱水症状、栄養不足になり、いやな老後を送りかねません。ましてや、無理に肯定したり、自分以上の能力でやっているわけですから、貪りになって当然です。貪りより、徳がなくなり、わかることも、分からなくなります。要は悟りや、気づき、など、自分の人生において、+になるアイデアというべきでしょうか。それさえも、分からずに人生を過ごしてしまいます。肯定というより、借金してまでも、肯定していることを、肯定というのでしょうか?

 

やはり今は自分を取り戻すことだと思います。そして、本来の自分で肯定することをしないと、奇病や病気になったり、キリスト教になったりします。どこまで自分の感情を肯定していいかさえも分からなくなります。故にマゾといわれなければいいですが。本当の自分の心の声を聞かなくては、自分がかわいそうです。壊れます。壊れてからでは遅いので、気をつけましょう。