読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人と日本人の違いについて。

今日

思いました。やはり、日本を好きな人でも、考え方はやはり、外国人だなと。いわゆるキリスト教らしいな。と。それは、外国人に日本の文化を理解することは、難しいのかなと思いながら、よく外国人と結婚できるなとおもいます。

 

だって戦争で、確かにありました。しかし戦争で今は日本として今の理解をすることが大切であって、昔は昔。私は日本人に対して、嫌いではないといってましたが、やはりキリスト教も多く、友人から入る人が多いそうです。でもその人はいやな顔をしたので、だから日本人と結婚出来たんですねという日本語が分からなかったみたいです。受け取り方が違うみたいです。私としては、キリスト教を嫌っているからだと思いました。でもそうとらえられなくはっという感じでした。少しびっくり。昔こういう噂を聞きました。日本では結婚は地獄だとありますが、よく比喩で、しかしその受け取り方が分からないみたいで、なら自分と外国人が結婚したいといっていたことがあります。少し信じられないと思いました。それで、結婚が良くできるなと思います。なんのための結婚なのかわからない。

 

また外国人はどうして、友人同士で褒めあうことができないのだろうかと言ったらよくわからないような顔をしていました。お互いが頑張ろうねと励ましあい、善くなっていくことがなぜ出来ないのだろうねと言ったところ、全く返答できませんでした。その時は日本人がいたのでそのような会話ができたのですが、少し、呆然としていました。えっ、何で、この子がという感じでした。信じられません。それで、そのような人と友達になっているのですから。最近はよくわかりません。よく話が合うなと思います。

 

私は高校生の頃、英会話に習っていましたが、その外国人の先生が英会話の授業で、とある会話のレッスンをしました。その時、外国の先生だったのですが、両手を挙げ、理解出来ないと、半分あきれていたような顔をしていたことをお覚えています。まるっきり理解できなっかったようです。ですから、今の状態の日本を見て、何でつながっているのだろうといわんばかりです。よく理解出来るなと思う半面、一緒にいて、つらくないのかな。と思います。だって話あうのかな?遊びとしては、平気ですが、結婚となると、精神的なものが付いてくると思います。語り合って結婚しているのかなと思うと、ただ好きだから、奥ゆかしいところまでは理解できないのではないでしょうか?だからそれを理解できる日本人がくるしんでいるのではないのかな