これから。

今日は、海から帰ってきて少しは気分が晴れました。というより、波にそって泳いだので気持ちよかったです。ふと思い出しました。気持ちよかったです。大自然のところだと色々と書けます。さすが、人よりも自然が多いところは気持ちも晴れ晴れし、色々なことを考える時間には適していますね。また海では、昔おきの方まで行ったことがありますが、怖くて足が取られそうな感じがしたのですが、それでもじゃぶじゃぶと泳いでいました。がそれを思いだしたとき、反対におき降りも浜辺の方に戻ろうとしました。何故ならば、それ以降、震災が起こったからです。急に考えてしまい、昔は、と考えると浜の方に戻った記憶があります。その時は父と一緒でしたが、その数回は一人だったので、怖い感じがしたら、戻ることにしました。

 

やはり、自分の感性を大切にしていた方が、案外自分がより優れた感性の持ち主だったと言うこともあります。昔、電車の中江曽のような人に会いました。あなたのそばにいると体が暑くなると言うか、気が上がると話しかけられました。その人は霊性が自分で高いといわれ、夫婦でもベットは別にするときもあるなどと言われてました。

すごいなと思いました。霊感が強いのかなと思います。

そのような霊感も大切な親からの受け取りものです。それも自分ですから、昔とは違い、時代という意味ですが、多少なりとも楽なので、昔よりもはそうおかしくはないはずです。以前は歴史などでもあります。よって、自分を知ることも必要です。

 

これは仏教の教えであり、それを肯定することにより、間違った方向性にはいかないということです。これこそ、日本人の肯定であります。そうすれば、肯定しないがためにまちがったことをしてしまうということです。特に性欲も同じです。何故か、たちの悪い悪魔くんたちは、それを我慢させ、そして、壊してから、心か、もしくは教えで調教します。その自分の忍耐です。それにより、どこまで、我慢ができるかというより、いかに肯定するかです。我慢は密教において、必要はありません。それはある程度、完成されてからのことですので、完成されてからやるのとでは、もうその時は、すでに消化されていますので、完成も完成じゃないの両方です。それからでは、?こんな感じです。

 

密教は、本来なら、認められたものだけしかできません。それをやっているわけですから、ピンきりからというより、六道輪廻と同じです。それと、同じです。それで、教えが必要というわけです。しかし、その前に勉強はしておかないということです。やりながらは、無理です。下手すれば、魔境になります。

 

 

 

 

 

もう、疲れた。

あーあ。いつものパターンで、また、始まったような気賀します。しかし、一直線上での回避できたよう巣です。後は少しづつです。

それで、また、昨日と同じ問題ですが、無視です。

そのたんびに 時間制都でも言うべきか、そのようですね。私たちは処理係ですか?だって、デビルは肯定ですから。悪感情を、そして、自分優位の形で物事を進めているということです。あれま。 でも、一気ではない気賀します。それなら、自分達も振り回されるので、でもって言う言葉おきいていればわかります。そのときは、その意味を言いましたが、。要は理由です。

いまなら、計画をたてているので、早めの処理を。 

それを理解すれば、すぐにわかります。特に、自分で悟ったのですから、キリスト教にはなりません。自然に自分の

心相続がいいからです。心相続とは前世からの意識の流れです。よって、いってもわからない人はわからりません。だから、競らすと言うことは極めてよくない行為のひとつです。だから、そのようなしつけの子供はどちらかと言うと、悪く育つというか、同一性が多いです。おやのしつけが悪いからです。特にそういう家の子達は、『ダチ』。その中でも、すぐれている『ダチ 』は、友人、環境もそれなりには、いいほうです。お金があったり、会社をしていたり、ただ、『ダチ』ですが、勉強するとか、高校いくとかといっても、その親分クラスは嫉妬はしませんね。悪の道には引きずり込みませんね。中学でも学校サボりはありませんね。だから、まだ、いいのかもしれませんし、その仲間のしたいかたも同性愛見たいな人はいません。ただ『ダチ』悪い方は、ずば抜けて悪い、。それこそ、縁で結婚しないと、同性愛に子供がなります。同性愛を育てる親の人は最悪。拝見しました。密教でも最低のことをしてます、また、みるからにです。だから、私も頭に来ることもありますので、言う必要性は有馬縁。というよりも、言いたくなかったです。仲間には、いってましたがね。遅すぎですか? 

 

一旦壊れたら、最後です。あまり、無理しない方がいいと思います。早くに悟った方がいいです。逃げると言うことです。そうしないと、今度は同性愛です。落ちたらね。限界を越えたところで、キープしていたかも知れないので、癒しの時間、修正、その他色々と時間がかかります。お金もです。時間だけでなく、おかねも必要です。

 

特に戦国時代はいつも緊張感で針積めた状態出下。ので、短命で、多くが50でした。おには(  -_・)?かは45でなくなったそうです。それだけ、緊張感都の戦いで、やるかやられるかの時代です。見方が敵になるのは簡単です。 

それを思うと、いまが同じ状態のような気がします。外国も同じですが、外国は同性愛が多く、癒しもままならない状態で、言葉ひとつの捉え方も最低レベルでやっているので、気づつくとか、どうのこうのと言う喧嘩が耐えません。物事の捉え方も同じです。そういってないじゃないかとよく見かけます。日本でも低俗は多いようですが。会話がなりたちません。 

それを考えるといかに日本が幸せかわかります。しかし、いまの状況で言えば、物事の受け取りかたにちょっとおかしさがありますので、それに引っ掛かると無論おかしくなります。もしくは、虚無論、同姓愛です。それが、神気や密教で、広まっているわけですから、教養を深めないと、自分もどこで、おかしくなるかわかりません。相手は存続しているわけですから。死なないわけです。

だから、結論として、自分は、とい言うことです。それを最初からやっていた人は自分で悟れますし、それは時間があったからです。その自然の流れの中で自分が行動資、悟ったわけです。業はいいですよね。カルマいいよね。結局、新道の最終段階では、カルマ受けたという感じですよね。邪ということです。それには、座禅や、日々の修行が必要ではないかと思います。気ではいつまでも、精神統一はできませんから、。あわせるのではなく『れいせい』。

無知、と簡単に言いますが、それよりも、教えが足りなく理解できない状態です。無自性とは、そして、自性トはと考えると、お礼、もしくはお世話になっているのだからとお礼をするのが当然です。それが社会常識であります。それなのに、どうして、商品があるのに買わないのか、やるのが当たり前という考えには驚かされます。非常識的なかんがえです。これでは女性なら、いいところのお嫁さんにはなれませんね。誰かがやってくれると思う方が間違っています。バカか。時代が違う。ましてや、本来そういうかたに嫁ぐなら女性が結納金を出します。外国も同じです。旦那さんの方が女性の親におかねや土地を渡すそうです。ホームステイ先がそうでした。しっかりとしきたりを教えて、頂きました。要は、業が悪い。因縁が悪いということです。因縁の怖さを知らないと思います。未来永劫それに振り回されるのです。先ほどの『ダチ』と同じです。何をやってもうまくいかないとか以前の自分の生活と同じ、もしくはそれ以上に悪くなっているはずです。無知によるまちがった行為をしているわけですから。ざまあみろ。

そのような人をみていると、人はかわいそうと思う人もいますが、それ以上はです。人様々です。その心の強さです。善悪です。それも言わないとわからない人がいるみたいです。変なおとな。ちょっと、わかっちゃった。変なおとな荷は欠点をいった方が早いかも。変態にはならないかもしれません。だって、そこで、笑っているわけですから。心の強さだってと。真面目にやっていた方がすぐわかります。それを利用してるわけです。年上には礼儀ということです。世って業。慈悲トは難しい。何が正しくて、何が間違っているのか、しつけと同じです。結局、かわいそうだから、結婚か、、できちゃったから結婚か、等、惰性です。

やっぱり業で怖い。人はうまくいくが自分はということです。それだけ、間ともにやれば、成功者としてはうまくいくはずです。社会的にも。名声や、名誉すべてです。よって、そのようにだんだんと落ちて、嫉妬から、おかしくなっていくわけです。それで、たちの悪い人に引っ掛かったり、様々な業が派生します。だから、なにやってもうまくいかない、等の人生はいやです。自分が辛いだけですから、『ダチ』をみているとそう感じました。中学のときです。新しく、学生が増えるので、分かれました。その新しい学校がそうでした。ピンきり、まるで、天国と地獄です。真ん中少ない。頭がいいか、悪いかです。偏差値で言えば、進学校かバカです。両極端でした。そして、『ダチ』悪い方は、投稿拒否、無論、女の子です。ナーディ皆さんにてる。その子の家庭環境も悪く、親はたしか、。でした。それで、あの当時はシンナーを刷っていたそうです。それも、学校の体育際で、あまりにも寂しいからといってもです。そして、あまり、おかねはないみたいです。六本木とかに集っている方が、お金持ちです。金持ちの道楽。だから、まともな人の多くが誤解されたのではないでしょうか?でも、誰とやっているのかそのくらいわから内包もバカです。だから、自分達も苦しみましたとはいいわけです。それは無知や共用が無さすぎです。だから、言われないとWからなかったのかも知れません。すべてのことで。それで、まともな人が誤解、バカにされる理由はないです。自分だって傲慢ナ癖に。黙っていれば、なぜに私が、です。

それこそプライドではないですか?自分がおかしいことをしていて、あわれむ、慰めてもらいたい等と自分の間違いを肯定しているわけです。果たして、それがやさしいい人でしょうか?見栄。添えで、私を利用し、自分のたちの優位性を味わうと言う、私は関係ないのにです。お互いの喧嘩になぜに私が関与しなければならないのか、そちらの方が理解できません。また、情報管理の甘さです。なぜに噂でお礼があると言われたからといって、その人オンリーです。それがおかしいところでもあります。情報管理と一言でもどれだけのKとがわかっているかです。それが自分ですからね。それを相手に求めているところもおかしい。頭の固定観念が強いのでしょう。すべては自分飲み方で人をみているわけす。

先ほど、物忘れがありました。またいいことをでしょう。でも聞かせたくなかった訳ですよね。もしくは、意図的か、いつも邪魔をするから、でしょ。それか、使っちゃったか。これが私たちのやり方です。

最後に、私たちのいやがらせができなくなるから、黙ってた。だけです。反対に言えば、それが私たちのいやがらせ。でした。

物忘れしたぶん、。感知冷静、感。何かたくらんでるのではないかという感。それには動いた方がいいですよ。自分の動物的な感性が備わっているはずです。誰しもが。

 

宗教は無理です。だって教えが違うし、業、カルマも違う。お金持ちや、頭のいい人はすぐわかるけど、カルマと言えば、外国ならすぐわかる。それをオウムという方の智恵というか、考えがおかしいです。考えによっても、教えは素晴らしい、特に般若心経、深い教えがあります。それを知らずに、しかしお金持ちのこはそのようないい人がいたからといってました。あとはどう受けとるかです。それさえもわからない人は人を壊すことしかいままでなかったことです。さぞ心労も、、、。しかし、それさえわからない人もいますから、その時はわかる人だけで、あとはクレームをどう対応するかです。結局、縁がないということです。宗教を通してでしかないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものパターンで。

最初に動くのは勘だけど、その後は行動。しかし、読まれていので、そのときに出てくるのは相当の悪魔。ボスクラス。よって、そのうどんやでの流れと、その時に席をはずしていた時の状況での人。いるいる。そして、2つの都合。いつもならひとつをやっていたが、その両方はできずに、はくじょ、などのわるぐち。

 

22年前の悪魔。いつの間にか、そこに突入していた。すべては心づかい。ある程度やっていて、必要だからと求めるのは、筋違い。勝手に誤解し、または、知っているはず。そういう性格でしょ。とサウナでの受け取りかたの違いで始まったこと。今では、その子供も二十後半でしょ。

このように言えば、自分を直すので、あまり言わなかった。けど、そうすれば、人生どころか、就職も変わりかねないので。あまりにもそれはむごい。と、ともがいたら、言うでしょうね。謝るよりも。その状況に感謝しないと来世変わります。それでいま幸せなので、確かに生活においては、貧乏ですが。初めからというよりも、後から来てもわかる人はいます。その努力はすごいことです。初めからいても、わからない人も多いです。

その中で何をとるかが問題です。その人の能力でしょう。空気が変わると、話す内容も違います。ましてや、言葉づかいもです。そのなかでどのように維持するのか、自分で考えないと、間違った密教によって、自分を壊すことになります。普通は空気でも、密教をやっている人によって変わります。それなのに、まったく別の空気で、その正しい状態になると、それは、違います。その体の症状を理解してないということです。それも縁だったら。それから、だんだんと、考え方や、すべて、狂ってきます。結局、あうんの呼吸ということでしょう。それをまた、どうとらえるかのことです。

 

思い出しました。 

物忘れ。しかし、それは 愛との認知です。よって、それをかたずけ鱈、自分の無知を打破できます。 自分の未来をみれても、それもまで、やるべき子と、すべてが揃えば、うまくいきますが、多くはその前で、つぶれます。また、人をを、排斥してますので、そのような業にはなるりません。 人を利用すれば、うまくいくこともありますが、それは新興宗教の教祖ぐらいです。 

 

自分が起こすカルマが、別の人がやったとして、自分の未来がそれです。たまたま、別の人がその業を起こしただけで、被害者でもあります。しんきの現象です。それが、密教SBDです。 よって、相手のなることおできるということは相当なれいせい、禅定ということです。

出ないとできません。自分お業になるだけです。

 

あとは、自分の精神的な状態での座禅でのことです。体も同じです。だから、ゆとりもああります。そのなかで、受け取りかた、などです。必ず、自分が行動数ルはずです。それが業ですから、未来。しんきは大変です。そんなに人のためにやったとしても、それが、。自分の業もあります。それと別の人の業があるわけですから、どちかが、サットヴァかということです。しかし、多くは、その人の煩悩です。これは能力の高いだからこそできる技です。しかし、それは徳ということですから。リスクを生じたぶんだけ、そのリスクは現実なら、ものですが、見えない、自性ならば、どうなるかわかりません。歯車が狂うのと同じです。狂っても、その人がよければ、平気よと生活し、そして、社会性は名声等があるわけです。しかし、それで、落ちた人は例え、自由とか、好きだからトはいえ、社会性においてはト考えると悲惨です。m歌詞は、ぷらアイドといって、けなしてましたが。

自分が、そのような立場になったときには、なにも言わずに受け入れ、表面的にはいいことか、勝ち抜いて、等と、心の強さを称賛するかもしれませんが、なかにはしたたかもいます。それが世の中ですから。 

 

そのしんきで、壊れた人もいます。それが昔の社会出下。やっていた人の煩悩、考えです。 それで、嫌な思いをした人も多くいます。それなのに、どうして、自分よりも高いものに付き合わせて、それが嫌な思いなの下記が市得ません。皆さん、おかね、三光が好きなのに、だから、人を試すなら、こちらもです。それを早く対応することですね。でも、いつも言ってもあすので、。20年負けからでうsので、なにも川手ないことは確かです。徳に大手でのことでは、。今も同じ野子とで、なにも変わりません。なに親っているのっという感じです。それよりも慰めてあげたらと言いたいです。思いやりでしょ。yは利、お互いに自分の仲間岳でしょ。どんなに落ちて、仲間には言ったとしても、結局は、裏切られます。無意識において。しかし、それを言っても、その場凌ぎで終わります。根本的解決には及びません。それか、今までの考えでやって来たものをそのために時間を作るのでは、なく先に理解できる人からの方が早いです。そして、今ト同様な少しずつでいいと思います。ここは、という感じで、しかし、忘れてならないことはあります。それができるかどうかの問題です。それで、ひとつのことしか見え

ないとか、固執しているとか言われるので、悪口は様々です。そのようにいえよということです。結局は。それは同0愛がいってました。少し、いかってんの。ビックリ。自分で招いた、嫌がらせによって、自分の首をしめた地うことです。自分のと気はわからないようです。だから、同姓からも嫌われているということも気がつかず、人を場かにしているわけです。ケンカの仕方が違うということでしょう。それを人のものというのは理解できません。

写真から。 

灯台の写真を見て、ふと思いました。あそこは昔、源家の屋敷があったところです。が、時代とともに海のなかにうもれてしまいました。 しかし、その恩恵で 東北震災の影響をその近くの場所は逃れたそうです。その他のところは、 まるで、時代劇を見ている状態で、全くなにもなく、昔はこうだったんだなと思ってしましました。 

そのお陰でその近辺は津波に会うこともなく、災難からのがれましたが、昔の人の知恵というものは後生たっても、すごいなと思いました。いい影響というか、先人の知恵という言葉ではかたずけられないほどのことです。宝ですね。それで、今の発展もあり、また、修正する知恵や教えもあるわけですから。 今の世の中がいかに道楽というか、なんだか 偉そうなこと言っても地う感じです。 結局は、性欲に逃げているわけですから。昔は性欲にも逃げずに、目的に向かっていたわけですから。それを越えての精神的なものって、自分以上の努力をしたものでしか、わからないと思います。だから、反対に言えば、天才は基地がいといわれる意味がわかります。性欲なんてなりません。普通は。 霧がない。一首の狂人です。一言で言えば、神様みいたいです。その神様に萎えるのはやはり、ゆとりでしょうか? あの京都をみているとなんだか理解できます。ただし、その苦しみを理解できるかどうかです。煩悩が違うのでしょう。しかし、殺生ではないので、大変というか、教養がないと、無理ですね。なぜに勉強が大切なのか、一昔の日本人の人が勉強を進めているのかわかります。ただ、その心が伝わらないだけで、性格といえる時代でもないので、人それぞれの伝え方があるので、要は、不器用立った訳ですね。誰もが、おとなになれば、わかりますが、それを理解できる子はいい子といわれたわけです。確かに、理解できる人は思いやりもあるわけですから、しかし時代のなかでは、反対に異端児にもなったわけです。難しい。

確かに、今の時代には、理解できない人もいれば、いる人もいますが、反対に聞いても、わかるけど、果たして、自分はということが大切です。だから、そういう意味でも、それが果たして、縁か同かは別ですが、その認識が間違った世の中ですので、反対に言えば、怖い世の中です。自分のせいになりかねません。特に、人を攻めるときはというのは、その張本人が攻めることが多いのですから。また、その真実を見抜ける人も少なく、振り回される人も少なくありません。その対応もわからない人が多いのですから。まず、しつけといっても、もう理解できないのでしょう。

まずは、ともあれ、神様を大切にしないと。普通はそうですよ。ただ、経験が悪いとですから。それこそ、業、カルマです。

千葉の海岸に坊堤を作ったそうです。しかし、その波の流れを止めただけで、自然の波の流れを変えたため、砂がなくなってきたそうです。波も、砂を運んできては、持ち去っていくわけです。その流れを阻止したため、砂浜がだんだんなくなってきて、遊泳禁止になったところもあるそうです。今現在もその砂浜が昔よりも半分になってしまいまい、砂を運んでくるそうです。その灯台のまねをしても、そこは昔からの、場所で、たまたま時代ともに、海の中に埋もれていったわけですが、その海のなかでも、岩石としては残っています。その岩石の集積のお陰で津波から逃れているのに、人間の手で、作られた坊堤はどんなものでしょう?それをも、考えて作られたら理解で来ます。無知ということを、しかし、なにも考えずに作ったなら、それはただのばかです。人は同じ子とを繰り返しますが、本来なら歴史をみていくなかで、祖のような失敗もあったはずなのに。浅はかしすぎです。そんな感じの日本語になってしまう。もう、これ以上なくばかとしか言いようがありません。こっちもおかしくなるから、もうそのような人とはあいたくありません。かわいそうだからと言っても、それはそれですよね。人には能力もありますから、じゃあ、それに落ちないためにはというところで、きっとわかる人はわかると思います。それを大切にできるかです。すべては、当たり前と思ってはいけないということです。故にボランティアに走るのも同かです。遅い人はそういうかも知れませんが、今まで、先に進んでいる人はということです。それと同じような心と言われたくありません。道楽など、幸せボケということ言葉です。邪魔しているのはどちらですかという感じです。自然も同じです。山の食べ物も、きちんと何を知ってか、整列して、竹の子も目を出します。これには驚きました。ビックリです。竹の子の整列です。かわいいとおもいました。 そこは知人の土地だったのですが、本当に小さな村というか、別荘がたてられるようなすべてのものが揃っていました。竹の子も、他では、あまり今年はとれないという状態立ったのですが、豊作でした。豊作じゃと祖のように楽しみました。御所みたいなことをしてしまいました。がやはり、人は感謝を忘れてはいけないなと思いました。

 

また、始まりました。 延長線上というか、 便乗です。要は、わからないと思って、バカにしているわけです。 それなのに、かんしゃくだけためて、 自分が壊れるか、相手が壊れるかのケンカをしていても、相手の考えがありますので、その一言が命取りになることもあります。相手がどのレベルを考えて、発言しないと、間違った宗教の捉え方もあります。ので、恋愛と誤解されかねません。多くは祖のようなことで、始まってますから。あまりにも時間がたつと、いい迷惑とこちらが怒鳴りたくなります。

また、挑発で、かんしゃく。でも、仏教を知らないからですよね。そして、いつもの、無。結局、自分が抜かれたくないからの、時間稼ぎ弟子か、過ぎません。容赦なく、同じレベルでの戦いです。結局、社会に通用しない人たちのケンカと同じです。知恵がないのでしょう。教養奈良わかりますが、知恵がないと言われてわからない人はブーという感じ。 それが、なんで、気が会うからといって、付き合えるのか信じられません。それこそ、全くの無知です。

 

色々と、その場でのことが理解できます。それぞれのことをチョイスして、いかないとすべてがうまく回らなくなり、自分の首をしめるだけです。結局、無知が強いからです。添えで、理解できないか、もしくは、やりすぎで、すでに、凝り固まっている状態です。だから、なかなか、それを理解することは難しいと思います。言っても理解できない状態です。結局、密教の掟を理解しないで、やっていたからの、バチがあったったと言うことです。それを戻すことは無理だと思います。かなりの時間と忍耐が必要です。でも、それを変える必要はないと思います。だって、自分の業ですから。その教養のなさで勝手にやったことですから、こちらが修正することはないと思います。 すべてが円滑にはいきません。そこがずれると難しいかも知れません。その間にも、色いな現象がわかるはずです。それをかたずけないと、先は見えません。後は、悟りですね。例えば、あおるやつとか、挑発等です。密教は怖いです。まともに戻れば戻るほど、自分の精神性がすべてを変えますから。一歩間違えると反対に落ちていきます。悪い方向に。これ以上、ジレンマを与えないでくれって感じです。