、切れた。

一昨日から、またかわったことが、ありました。

それは、学歴によって、出すへ真保がはやい稼働かです。今現在のすでに経過の絵真保がすでに行っていることが、こうすれば、といってできるようになっても、それは、遅すぎです。それは、己の次のステップであって、他のその張本人から見れば、すでに終わっていてることです。今ごろ出しても、それは絵真保の思う壺です。よって、それをどうとらえるかということです。

 

びっくりです。すでにわ買っていたことですので、これからまた別のたいおうをしていかないと、さらに増えます。今までそれを気がつかずにいたほうがちょっといい迷惑と思います。というのも、それで、遅い人を切っていたところもあります。

すでに、出ていたことを今ごろそうしても、それは別にということです。それで、義っ栗です。学歴ということは目にしたような気がします。人がなくなってからだと、できるようになるということは今まで、それを対処していたかということです。それが、導いた結果ということです。からそう運気もこわいものです。

この人はということも見えてきますが、それはまた別なことで、私の場合、抜かれていてのことですから、その人本人ではないということです。昔はそのような意見も聞いたことがありますが、無知ですね。

 

そのできることをしても、別に、執着はしません。よって、余計な気の使い方はやめてくださいということです。それは自分のためです。これ以上の逆縁も気を付けないと、ということです。だったら、また別のタイプというか縁起を狙ったほうが、早いです。縁と縁起は違います。

それには、驚いた。ということです。知っていましたが、今ごろというか、いつもはその人がぐちめいたことです。いつもなのにです。しかし、別の人だと、今ごろ、こうするとと聞きます。ビックリです。だって、いつもそうでしたから。それで、実感したのが、お風呂にはいってからです。いたい。いつものこれです。浄化しないと絶対無理なものです。一緒にいても、無理です。理解者でない限り無理でしょう。同じ考えや、思想です。ましてや、浄化とか、お風呂の入り直しとかいって、のことで、どうとらえるかが理解できていないと、壊れます。いました。やっていないからといって、いつまでも、浄化しない人が、しかし、それは間違っています。おかしいです。

 

結局、現実が大切で、そして、己にたいする気付きがないと無理ということです。毛曲、人のことといって、己の考えを修正しているだけで、人に迷惑をかけているだけです。

 

いつもそう。じゃあ、どっちとるということです。ただ、それだけです。

あれにはビックリです。余談ですが、それでいい気になっている人だったら、と思うと少し、不気味です。感謝しろということについてです。気味が悪い。

気がついていないとおもっているのでしょうか?変な人。また、遅い人がいた。このような人が会社に来たら、またいつまでも同じことですが、しかし、これでは、結婚は無理でしょうね。同じ職場でもということです。いい加減にしてください。

 

だから、真実をいうことが大切です。あとからではなくて。とっくに終わっているものをまた、です。そして、新しいものをやっては、その関係の人に迷惑をかけています。

死んでから、できてもね。生きているうちにできるかどうかの問題です。そして、修行にたいしての意識に引くさ。オノレのときは、人のときには。さすが、慶応です。

 

 

今日は。

色々と書こうと思います。しかし、今思い出せることは少ないです。というのもそれで様々チェックです。そうしていかないとたくさんもって、

つぶれます。

これこそ、毎日の修行の成果です。そうしていくことにより、こまかいところまで消すことができます。

それを言わないと、同じことの繰り返すえまほが、おおいということですが、それこそ知恵です。よって、ここで、空気にごまかされないようにしていくことが大切です。それには座です。そこからすべては、始まりますので、そのうち,己の心との対決ですが、しかし、その時にはです。タイミングもあります。それが宗教となりますので、人の出会いも怖いです。それこそ、昔を知っているならば、それを維持することの大切さを知り、どうするかという間だ、いいお手本があるのですから、学ばないと行けません。

 

それこそ、気づくのが遅いと、後悔、恨みしかありません。しかし、そのマナーも知らない人が多いのでえ、我慢をさせてから、鬱憤ばらしです。それこそ、憎しみは消化しません。それによって、己の転生が決まるのですから、いやになります。ましてや、にた光景を現実で見ているわけです。その世界に死んでからいきたいとおもうのかということです。それこそ、またからだのない地獄ですです。どれだけの心の苦しみにもがくのか、いや、耐える来るしさは、半端じゃないことです。どんなに疲れていても、

一日一膳です。必ずしないといけないこと、です。それは、勉強で気づきあげた精神です。それを、逆縁にするからといって、その煩悩が増大するかということです。その転、気をつけないと、考え方からやられます。ましてや、その最初はそのかんがえでのナーディです。同じようになっていって当然です。だから、どんな人でも、密教としての、修行をしないと無理です。限界があります。その限界の時代が今です。それでさえ、きちんとしたことを、間だしていないということは大変です。ましてや、宗教は修行をしています。特にテロは瞑想です。どんな人も、仕事はしていますので、やるかやらないかの問題です。ただ、理由により、時間があるひともいます。

あとからことを知っても、

話になりません。だったら、生きているとき、死刑ではない時に、聞けばよかった訳です。それを押し付け、今までやっていたことをもです。あまりにもバカにしている。

 

アとは、センスの問題です。遅いと焦ります。しかし、それがよくかといえば、どうかわかりません。それをまた現実で見せるひともいます。まるで、叱責させるのと、止めることをもかねて、です。信じられない病気です。

 

頑張れ、頑張れ。

言葉は命なりと、あります。どのような言葉を使うかによって、それが

継続するかどうかは、それは事実としてあります。いつも、冗談混じりの言葉で作ったもは、そう長続きするどころか、悪くなります。ので、どんなことでも、それを正しく残すなら、正しい言葉で語ることは必要です。今までの汚い言葉を作ったものは、すべて、悪くなっていました。また、続きません。それ、数回限りです。

 

よって、だから、人の気持ちもわかるでしょうと同意を求めています。それがうまくいかないから、再度ということで、いい状況でのことをしています。人に迷惑かけているだけですが。そして、どうして歴史が変わるかということも何となく、わかった気がしました。江戸時代では、肘掛け、その戦国時代の精神的な緊張感はただならぬものです。そこを、お城、家では、少しは安心します。ここで、密教的な考えを持ち出すと、なーディです。その状態でのからだの斜めはよい影響を与えることはないでしょう。だからからとふと、思ってしまいました。

そして、志です。最後まで、戦った武将がいたと思いますが、その時の状況がただ、語らない時間が最後にあったスおです。その思いはただならぬ思いと小見ます。もし、声をかけれるならと思っても当然ですが、あの時代のことと言えば、多くが残ることは無理だったに違いありません。そのような時代の代わりにいた、武将でも、時代とともに、もし生まれ変わりがあるなとするならば、その悟りとともに変わっていくのかと、おもう反面、にているけど、違うとおもう。しかし、そのようなこともあってということもあるのかなと、今の状態を見ると思います。その時代は、相手がいての密教はないですから、今の流行り、オウムの密教とは教えが全く違いますから、この悟り的な考えで物事見ると、少し考えました。いかに正しいことをしていくかが大切です。

 

精神的な考えはにているということですが、外資だったらわかると今思いました。あー、そうか、外国人でもいるかと思いました。ちょっと、変な噂をたてかねない人もいますので、絵真保、悪魔です。知能が低いのにです。その趣旨をりかいできないで、噂をたてるということです。噂よりもそれを真実として、噂をたて、広めていくということです。いずれは考え、とらえかたを、かえるということです。

 

 

とりあえずここまで。

私の場合、この場ではときと場合です。頭に来るから、我慢の限界です。これだから、ゆとりもいつ用途言うことです。言わないとわからないから、それで、いじめですから、しかし、それが、すでに会わないと言うことも理解できない人たちです。著ってと、常識のレベルが低い人たちです。

その人が結婚や、恋愛をしたいから、やっていることですから、そう宗教せいはありません。

いつも、鬱憤ばらしをしhないと、ストレスになります。それがいい仕事ができないということもあります。ので、仕事のできる人になりたいなら、いかにストレスと言うことでした。日本語も理解できない日本人です。外国人の方が理解できます。どこいっても、センスは同じです。それを一個づつとは、壊れて当然で菅、それを行っていた人もいて、それが大丈夫ということで、推奨しているわけですから、平気なはずでしょう。能力が違っても、ついていけるはずです。今までの問題なくクリアしてきたわけですから。

なぜに化、独り言が多くなることもありますが、それが、神道の教えでもあります。しかし、その状態を知らないと無理ですが、それを知っていてのことをしているわけですか、それが、無二無二ということです。悪魔がいっているということで、そう計画しているということを己のところで、いつも暴露していると言うことです。知ってますから、しかし、私の意図は理解できていないようです。よって、やらない代わりに、それで、そのエネルギーを押しているといえば、理解できるでしょう。いつのもにか、嫌がらせで得た、ものもなくなっていると言うことです。

己で己を悪くしたということで、責任はありません。その責任から、殺伐年増が、sろえで、いつも邪魔をしていたのはどちらでしょうか?それで、つれてきたから、といえるのか、今現在はいじめで楽しんでいるのはどちらか、またいい人を狙える条件もやhしなっているのに、全く、それで、責任といっている性格の悪い人です。下手すると、そういう暮らす、ホテル用語だとあります。心おもわしくないお客ということです。それで、目を津kられ手も当然です。それが、事務所にはありますから。という社会です。リストにあげられているということです。そういうところと聞いた。しかし、宗教の勧誘も禁止ですから。それが、社員、特にアルバイトには規制されています。どんな、中堅暮らすでもです。常識が必須です。

 

 

今日は。

今日は、またいました。昨日から悪魔、えまほです。きちんとすると、瞬間に、笑いが入りました。あの一転歩です。どうやら、○です。○は、おさないということです。

 

その白のエネルギーは、運気が悪いものです。そして、昨日の夜には、分解をしたようです。ホモとレズです。いつもの膨張と、カッターのような黒でした。今までは、手を会わせることによりわかりました。が昨日は別でした。

 

先に情報を知っておくのもいいと思います。しかし、それが仕事ができるかどうかです。あとはということですが、。それが、昇給となるか、昇進となるかは別ですが、努力です。努力も早い者勝ちです。それが今ある結果です。あとは、何を重点ン的におくかは、己です。どうやら、そうですね。早いとそうですが、渋々ということです。しかし、抜かしてみたところはという感じですが、相当ないやがらせでしょうか?ヤバイよ。ということです。先程も、ありました。物忘れです。しかし、シンキでの、整理です。どうやら嫌がらせをしていて、はまったようですが、それさえ、理由を言わないとわからないようです。

層だ。それを今すればいい。補うことをすれば、ということで、言う道をとっていましたが、それをやめにすると言うこともあります。しかし、そこまで、バカです。言わないと己で、考えることができない人です。そのわりに、エンをつけるということですが、どうすれば、いいのかということでした。逆エン、もしくは、ということです。

 

でも、私の場合、バカと見下されている状態で仏教の見方が違うと言えば、違います。いじめもすごい、いじめです。それで、仏教を教えろと言うことです。オウムにはそのような教えは全くありませんでした。むにむに が あった。

 

邪魔が入るとです。じゃあ、やり方が違う3番目ということでしょうか?今、計画中?

配慮と言うよりも、ランクによって、そして、レベルもかねての、逆エンにして郁方法が、己の幸せとしては、早い道です。あとは、良縁を見つけるだけという感じでいます。なぜかと言うと、わ足しは、そとにあまり出ていなかったので、人と接することは全くありませんでした。それで、自然と言う形は少し、怖いと思いっています。それが密教の結果です。どんなにあげられていなくてもということです。そして、思い込みです。それが、価値観、となり、そのようなお香イが生まれます。それが、業とも言われることも、まともなら理解できますが、それを も、混同してしまっている状態の組織もあります。

発見。

今日は、書きます。昨日、2つを書くのに、2時間かかりました。。どうしてか、本のなかを抜粋しているか、もしくは、普通は1時間もしないで、打てるはずです。ここまで落ちているのかという状況です。

 

それが、あり、何度かうたた寝をして、就眠時間3時になりました。そして、人生を謳歌ということでしょう。人よりも、有意義にいきるということです。それが質と思っているように、えまほもなりました。が、数年間から、すでに、大手での嫌がらせで、時間をかけています。それが有意義に生きている蹴るということでしょうか?それは、いじめルための生きている、という感じです。がそれは嫉妬です。そして、邪魔をすることにより、嫉妬させるということもあります。それだけ、時間がかかっていることですが、それは嫉妬ではなく、恨み、憎しみです。それを嫉妬と言うのはかなり間違っています。こうがくれきからは それがおかしいというのに、ましてや、見下しです。それを理解している方があっています。そこまで、虚無論に陥ってます。ので、いかに正しいことを学ぶかということです。それが最初のしつけです。あとは社会にどう関与するかです。そのしつけに関して、時間がかかれば、遅い条件も出てきます。

それを利用しているだけです。それを、どう理解するか、ということでしかありません。密教でのしつけは、できません。

24年前と同じ条件です。それを、知らずに行っていいほうがバカです。相手にされなくて当然です。昔は、静かでしたので、なにかを話そうと、していたのDえすが、なくて、アート、いったことを覚えています。

 

 

 

 

発見。

今日は、先にやることをしてからいきました。それで、できなかったことをしてから、差益地図の本を読み、そして、勉強をしました。どうやら、中山派が出てきました。昔のという感じで、そのもっと低俗が出てきました。それが卑屈です。今で派、それなりに謙虚にいますが、かなりの悪魔です。それが虐待というくらすです。帰りはオウムが出てきました。それが本命といっていいくらすです。また、帰りの車にいた、女、バッグやですが、痛い空気で、通り過ぎました。真似です。どうやら、ばれたら困るという感じ、または、もしくは、博学の考えであったことのひとつとしてです。それが、歯ブラシでした。中山がいました。はて、?読んでいるか、読んでいないかはわかりませんが、早いと聞きました。